もえログ

ドイツでの語学留学生活について書いています。現地で気になるアレやコレの使い方や、生活用品、そして食べ物をたくさんの写真と共に紹介しています!【写真アカウント➡︎https://mobile.twitter.com/moe_cam_】

【留学準備③】ドイツでの家探し(後編)WGアプリの使い方

こんばんは、もえです。


さて今日は、昨日のドイツでの家探し(前編)に続き、続編です。

前編では、ドイツで住むにはどのような方法があるのか、シェアハウスの種類などを細かく解説していますので、まずはそちらを合わせてチェックしてみて下さい!
www.moelogmt.work




私はいまハンブルクのシェアハウス、いわゆるWGに住んでいます。
そんな私が、どのように今住んでいるWGを見つけたのかを紹介したいと思います。



余談ですが、今日のドイツ語。
住まい→Wohnung
シェアハウス→Wohngemeinschaft
同居人→Mitbewohner
家賃→Miete
敷金、保証金→Kaution
部屋→Zimmer
キッチン→Küche
シャワー→Dusche
浴槽→Badewanne
家具→Möbel
家具付き→möbliert

ab→期限を表す際の、〜から
bis→期限を表す際の、〜まで


もくじ

シェアハウスを見つける方法

これは前編の、一人暮らしの住居を見つける方法でもチラッと書きましたが、シェアハウスでも同様に、自身の所属機関からの紹介在独日本人の掲示居住地域の掲示アプリ不動産屋に直接行く。などがあります。


しかし、居住地域の掲示板や不動産屋に直接行くには、もちろん英語やドイツ語ができないと話になりません。

私ももちろんドイツに来る前に英語もドイツ語も全然できませんでしたので、この方法は却下しました(笑)


では、どのように私が今の家を探したかを、次でご紹介します。


ドイツに留学経験のある知人に聞く

住居だけでなく、ビザや保険の準備など、渡独前に日本でしなければいけない準備は山ほどあります。そのため、他の準備のことも含めて既にドイツへの留学経験がある知人と連絡を取り、根掘り葉掘り聞きました


その知人は、ハンブルクではなくベルリンに留学したことのある方でしたが、基本的な手順は同じ事も多いので、色々な話を聞くことができました。


その知人自身は、そのまた知人からの紹介で住居をゲットできたそうです。


でも、それでは私の参考にはならなーーーい!!(笑)


すると、その知人の友達がどのように家を探したかを教えてくれました。
ありがとう!!

なんとアプリを使って探したといいます。



アプリでシェアハウスを探す?!



確かによく考えてみれば、日本でもスー◯、ネットで賃◯とかアプリで家を探すという行為自体はメジャーになりつつあるけども、海外のシェアハウスをアプリで?!

と最初は少し驚きました。


でも、私もそのアプリを見てみると確かにすごい募集の数…。これまた驚き。

このアプリについてはこの後詳しく説明します。



やはり留学経験のある人に聞くと、同じように留学している人や準備をしている人の情報が入ってくる。というのはまず間違いないですので、人を頼って連絡を取ってみるというのは本当に有効な手段です。



アプリ紹介!WG-Gesucht

このWG-Gesuchtこそが、シェアハウスを見つけるためのアプリ。

f:id:moe_mt:20190805190114j:plain

Apple版▶︎https://apps.apple.com/jp/app/wg-gesucht-de-find-your-home/id1084293678
Android版▶︎https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wggesucht.android



ちなみに、アプリ内でモードを切り替えると、募集者側となってルームメイトを探すこともできます。なんて便利なアプリなんだ。

このアプリでは、ドイツ国内のBerlin、München、Hamburg、Köln、Frankfurt、Stuttgartの6都市から地域を選択して家を探すことができます。


アプリの使い方

登録と住まいを見つけやすくするコツ

アプリは無料ですが、アプリにメールアドレスや名前、任意ですが写真を登録してから利用できる仕様になっています。


アイコン写真は設定しないとプリセットのまま、性別ごとの灰色の人型アイコンの写真が使われますが、私の経験上、自分の写真を使った方が何も設定していない時と比べると、相手方からの返信が来る確率が格段に上がります



私も登録したての時は、海外と連絡を取るのにアイコンの設定なんて怖いからいいや。と思って設定せずにプリセットのままだったのですが、いくら返信を待てどなかなか返ってこない所が多すぎる…。と問題に思い、アイコンを設定してみることにしました。

写真には、自分の顔写真を使いましたが、サングラスをしていて顔の全てはわからないものを使いました。

すると、返信が来る物件が明らかに増えました!!


よく考えてみれば、日本から留学で行きたいです。と言っている人物がアイコンがプリセットで得体の知れない外国人なんて…。そりゃ向こうも受け入れたくないですよね。


モードと基本画面

先ほども少し述べた通り、このアプリには家を探すモードとルームメイトを見つける2つのモードが存在します。


家を探すモードでは、テーマカラーがオレンジになっていて、希望の家の条件を入力してアプリ内で検索をかけ、家を見つけます。


f:id:moe_mt:20190805190204j:plain

上記の画面になっていれば家を探すモードになっています。



ルームメイトを見つけるモードでは、ユーザーがあらかじめ入力した詳細なプロフィール(あとで書き換えたり、付け加えることができます。)がここに掲載され、ルームメイトを探している側の人から声をかけることができる仕組みになっています。


f:id:moe_mt:20190805190247j:plain

上記の画面になっていればルームメイトを探すモードになっています。



今回は家を探すモードについて続けて説明していきます。




ちなみに、メニュー画面の説明も記しておきます。

f:id:moe_mt:20190805190349j:plain

画像はドイツ語の設定になっていますが、かっこ書きで一応英語の画面の表記も載せておきますね。

Home(Home)
ホーム画面。ここから都市の選択を行います。

Nachrichten(Messages)
メッセージを取り合った家との履歴を確認することができます。

Favoriten(Favourites)
お気に入り機能で、お気に入り登録した家の一覧を確認することができます。

Profil(Profile)
自分の登録したプロフィールの確認と編集をすることができます。

Kontaktierte Anzeigen(Contacted Ads)
メッセージを取り合った家との履歴を確認をすることができます。
先に出てきたNachrichtenの機能との違いは私にはわかりませんでした。すみません…。

Gesuch Inserieren(Create A Rrequest)
ルームメイトを探している側の人から検索できるように、ここから探している家の条件を細かく入力することができます。

Meine Suche(My Search)
今まで自分が検索した家の条件などをもう一度確認することができます。また、ここから再びその条件で再検索をかけることができます。

Einstellungen(Settings)
設定。アプリからの通知設定や、言語設定もここから行うことができます。

Zu Anbieter wechseln(Switch to landlord)
このボタンから、それぞれ家を探すモードとルームメイトを捜すモードを切り替えることができます。


希望の条件を入力する

そしていよいよ検索の仕方ですが、
Home>住みたい都市を選択>右上の▼のようなマークをタップ>希望の条件を入力して検索

という流れになります。


f:id:moe_mt:20190805190449j:plain

住みたい都市を選んだあとに、右上に出てくる▼のようなマークをタップすると、条件の入力に進めます。

f:id:moe_mt:20190805190635j:plain

f:id:moe_mt:20190805190653j:plain



Kategorie(Category)
カテゴリー。ここから住みたい部屋のタイプを選ぶことができます。

WG-Zimmer(Flatshare)
シェアハウス(シェアルーム)

1-Zi-Wohnung(1 Room Flat)
ワンルーム

Wohnung(Flat)
一人暮らし用の部屋(?)

Haus(House)
一軒家。一戸建て。
こんなの賃貸で見つかるの?と思うかもしれませんが、以外と中心地を外れると大きい一軒家を借りることもできるようです。


Mietart(Rent Type)
借りる形態、種類。ここから借りる期間の種類を選ぶことができます。

alle Mietarten(All rent types)
借りる期間の指定をせずに探す場合はこちらを選択します。

unbefristet(Long term)
無期限の住居。長期的に借りる場合はこの種類がいいかと思います。

befristet(Short term)
期限付きの住居。短期滞在や、自身の滞在期間とちょうど会う場合はこの形態の住居の方が安く借りられます。

Übernachtung(Overnight stay)
宿泊。超短期滞在の場合はおそらくこちらを選択します。
個人的には超短期ならホテルでいい気がします…。
わざわざ家を見つけてしまうと契約などがとても面倒なので。


Max.Miete:Egal(Max.Rent:Any)
家賃の上限を設定できます。設定する場合にはスライダーを右にスライドして上限を決めます。
特に指定しない場合は、スライダーは1番左に寄せたままEgalの表示になっていればそのまま検索することができます。

Min.Größ:Egal(Min.Size:Any)
部屋の最低サイズを設定できます。設定する場合にはスライダーを右にスライドして部屋の最低サイズを決めます。
特に指定しない場合は、スライダーは1番左に寄せたままEgalの表示になっていればそのまま検索することができます。


EINZUGSDATUM(MOVE-IN DATE)
入居と退居日の希望が設定できます。

Frühestes Einzugsdatum(Earliest Move-in Date)
入居希望日

Spätestes Einzugsdatum(Latest Move-in Date)
退居希望日


SUCHGEBIET EINGRENZEN(SEARCH AREA)
家を探している地域を詳細に設定できます。

Stadtteile(Districts)
市町村ごとの検索。ここではリストで表示された市町村を選択(複数選択可)して検索をかけます。

Umkreissuche(Maps/Radius)
探している場所の中心を地図上にピンを立てて、そこから半径何キロ以内の住居を表示…ということができます。スー◯でもあるアレです。
駅にピンを立てれば、駅近の住居や駅を中心とした住居も検索することができて便利です。


f:id:moe_mt:20190805190733j:plain
こんな感じ


WEITERE MERKMALE(OTHER DETAILS)
これをタップして更にメニューを表示すれば、上記以上に細かい検索条件を入力することができます。


家を見つける

ここまで入力したらいよいよ検索です。
気になる物件をタップして詳細を見てみましょう。


ここで、1番最初に見るべきは、物件の概要欄に最初に書いてあるWG-DETAILSというところです。

この欄には、募集しているルームメイトの最低条件なども書いてあるので重要です。

例えば、そのシェアハウスが学生限定なのか、就労者限定なのか、女性限定なのかなど。
この種類については、私のブログのこの記事の前編で細かく解説していますので是非合わせてチェックしてみて下さい。
www.moelogmt.work



そして、1番下までスクロールすると沢山アイコンのある欄まで辿り着きます。

ここでは、その住居に備わっているものやそこでできることが記載されています。
アイコン付きなのでなんとなくは解るかと思います。


例えば…


f:id:moe_mt:20190805190819j:plain

上記の画像の家だと、

バリアフリー
家具付き
新しいタイプの家で、3階(日本でいう4階)
浴槽、シャワー付き
Wi-Fiあり
ケーブルテレビあり
フラットなフローリング、床暖房あり
暖房あり(ドイツではHeizungという温水暖房です)
駐車できるスペースあり
公共交通利用できる場所まで徒歩1分
その他、洗濯機、食洗機、地下室、地下自転車置き場、エレベーターあり


という物件になります。

※ドイツの階層表記は日本と違います。
EG(Erdgeschoss)というのが日本でいう1階です。
EGより上から1.OG(1 Obergeschosses)、2.OG、3.OG....と数えます。
更に、地下室はKellerと表記しますが、エレベーターの階数表記の場合はUG(Untergeschoss)と書かれている場合もあります。


実際に連絡をとる

物件情報の1番下にKONTAKTという欄があり、ここからその物件の掲載を出した人物と連絡を取ることができます。

吹き出しマークのみの場合は、チャットでの連絡のみですが、電話マークがある場合は電話も選べます。しかし、時間帯が指定してある場合もあるのでよく確認してください。



連絡をとる言語は基本的にドイツ語か英語のどちらかになります。

私は全てGoogle翻訳様にぶち込んでドイツ語でチャットを行いました。
絶対に変になっているところがあったと思います(笑)

でも、家を探している時はとにかく必死だったので、いつから住みたいのか何のためにドイツへ行くのかを伝え、またいつまでその家に住むことができるかを必ず合わせて質問しました。



しかし問題はここから…。

実はこのアプリは企業が物件を掲載しているわけではなく、住人が個人で掲載していることが多いのでなかなか返信が来ません。

せっかく希望の物件が見つかっても、連絡が取れないのであれば住むことができないので、私はとにかく条件に合う所を見つけてはとりあえずメッセージを送りました。

8件ほどメッセージを送って1週間以内に返信が返ってくるのはその半分くらいと考えていた方がいいと思います。

もちろん連絡を取り合ってみてから、記載されている条件と違った!とか、もう先約がいるからごめんね!という断りが入ることもあるので、住める可能性は更に減りますよね。


私も、もうめげずに暇さえあればこのアプリばかりチェックする日々が続きました。



家を探し始めたのが2月の中旬頃でしたが、今の家に住む話が進んだのが4月の上旬頃でした。
それでも普通くらいか、少しラッキーな方だったことに後々気付いたのですが…。

なかなか家探しは大変です。



おわりに

前後編にわけて、ドイツでの住まいの見つけ方について解説してきました。
後編ではWGアプリの使い方がメインになりましたが、もちろんシェアハウスを探す方法はこれだけではありません。

しかし、日本人の掲示板を含めて更新頻度がやはり少なく、本当に今も住む人を募集しているのかな?というような過去のスレッドを沢山見かけます。


また後日、ドイツに渡ってからの住居の手続きや、内覧の委託サービスについて紹介する予定ですので、お楽しみに!


☘この記事のテーマについて追記してほしい内容や、ご質問などありましたらお気軽にコメント下さい。

【留学準備②】ドイツでの家探し(前編)シェアハウスの種類など!

こんばんは、もえです。

日本は梅雨明けして猛暑で大変だと聞きました。
ハンブルクは相変わらず過ごしやすい気候が続いております。


夏休みに入り、短期留学や旅行で海外へ行く方も多いのではないでしょうか。

夏休み編ということで、留学準備編のシリーズをサボらずに書き進めていきたいと思います!!
頑張るぞ。


②ということで、今回は長期滞在には重要な家探しについてです。
まずは、第1弾として基本的なシェアハウスの種類などについて細かく記事にしていきます。

この家探しは私も本当に苦労しました…。もう実は思い出すだけで嫌になるほどです(笑)



ちなみに、留学準備シリーズの初回では、日本からドイツへ来るに当たって持ってきて良かったなと思う物を紹介しています。興味のある方は是非合わせてチェックしてみて下さい!
www.moelogmt.work



余談ですが、今日のドイツ語。
住まい→Wohnung
シェアハウス→Wohngemeinschaft
同居人→Mitbewohner
家賃→Miete
敷金、保証金→Kaution
部屋→Zimmer
キッチン→Küche
シャワー→Dusche
浴槽→Badewanne
家具→Möbel
家具付き→möbliert


もくじ

ドイツの住居

ドイツで暮らすには、長期滞在なら家を見つける。短期滞在ならホテルを探す。
また、語学留学ならホームステイ、寮などの選択肢があります。

ちなみに、私は初めから年単位の滞在予定だったので、今はハンブルクのシェアハウスで暮らしています。

どのように今の家を見つけたか、気になる方が多いかと思いますが、その前に住居の区分についてお話しします。

一人暮らし

これはシェアハウスではなく、一人で一つの住居を借りるという方法です。

知り合いの日本人でもこのタイプに住んでいる方も何人もいます。
というよりも、シェアハウスよりも私の周りには多いかもしれない。


しかし、若い留学生(外国人を含む)はシェアハウスの方が多い印象です。
逆に、働きにきた在独日本人や、留学生は一人暮らしが多いような気がします。

もちろん予算的な差もあるのだと思いますが…。



一人暮らしの住まいを見つけるには、所属機関からの紹介在独日本人の掲示居住地域の掲示アプリ不動産屋に直接行くなどの方法があります。


家を探すには、インターネットの情報が想像以上に結構大きい役割を果たします。


もちろん、英語やドイツ語が堪能であれば、不動産屋に出向いたり、居住地域の掲示板で地元民向けのサイトを見て家を探すことも可能だと思います。


しかし、最初から語学が堪能な状態で留学準備をしている人は少ないのではないでしょうか。

おそらく、それができれば…。という人がほとんどだと思います。
もちろん私もその一人です!!(笑)


ということで、まずは日本人掲示板が手をつけやすいかと思います。

例えばハンブルクだったら…
🔍ハンブルク 日本人 掲示

などのワードで検索すれば、いくつかサイトが出てくるかと思います。


もちろん、家探しだけでなく、物を売買やサービスの交渉、生活についての質問などのスレッドもあります。


しかし、意外にも更新頻度というか利用者が少ないのか、日付が何年も前のものも多くイマイチ信用しきるには至らないかなという印象を個人的には持っています…。


日本でも同じですが、寮の場合はもちろんどこかに所属していることが前提になります。

その所属先の所有している部屋を借りる形になります。
例えば、会社が寮を保有していた場合は、そこが借りれます。



ちなみに、有名なドイツ語の語学学校Goethe-Institutでも寮を持っています。
こちらは、ハンブルクにあるGoethe-Institutの寮に関するサイトです。
➡︎Unterkunft in Hamburg - Goethe-Institut Deutschkurse in Deutschland

もちろん他の都市のページもあると思うので、ハンブルク以外をお探しの方は検索してみて下さい。


シェアハウス

冒頭でも述べましたが、私はこのシェアハウスを利用しています。

ドイツ語ではシェアハウスのことをWohngemeinschaft(ゔぉーんげまいんしゃふと)と言い、略して通称WG(ゔぇーげー)と呼ばれています。

そしてシェアハウスにも実は種類があります。

Studenten-WG

すとぅでんてんWG

これは、学生のためのシェアハウスです。

ドイツでは、Studentenとは大学生など、専門的な勉強をしている学生のことを指します。
通常、語学学校だけに通っている人や、セミナー参加者などは、このStudentenの中には含まれません。

しかし、シェアハウスの募集要件に書いてある場合には、決まりが緩い場合もあるので、大家もしくはそこに住んでいる人に連絡を取って聞いてみるといいかもしれません。

Berufstätigen-WG

べるーふすてーてぃげんWG

これは、職業を持っている人のためのシェアハウスです。

Studenten-WGの方がドイツでは主流ですが、学生も就労者もどちらも住めるというWGも多くあります。
そして、逆に就労者のみを募集しているWGもあります。


私の見たWG募集のページには、この企業の系列の証明がある人に限って入居可能なBerufstätigen-WGですよ。というような物件もありました。

ここまでいくと、かなり設備の整ったWGで、価格も相当安かったです。
しかしその代わり恐らくですが、入居条件が厳しかったり提出書類が必要だったりするので、注意が必要です。

Gemischt-WG

げみっしゅとWG

これは、男女混合のシェアハウスです。
ちなみに私の住んでいるWGはこのGemischtです。

多くのWGがこの男女混合なはずですが、この後に紹介している女性専用のWGもあるので、それと区別して募集のページに記載されていることもありますが、特別記載されていない場合は、大半はこの男女混合だと思っていいかとお思います。


男女混合のシェアハウスなんて、なんだか某テラスハ◯スのように恋でも芽生えそうなものですが、逆に毎日一緒に住んでいたりすると、そんな展開マレじゃないかと思えてきます(笑)


しかし、荷物を運んだり力仕事などは、同じ家に男性がいると手伝ってもらえるので、その点はメリットかと思います。

洗濯物や洗面が気になると言っても、洗濯物はカゴやネットに入れて運べば見られることはないですし、ドイツでは基本部屋干しなので、その辺はなんら問題がないように感じます。


ちなみに、ドイツの洗濯物事情についての記事もありますので、興味のある方は是非合わせてチェックしてみて下さい。
www.moelogmt.work


Frau-WG

ふらぉWG

こちらは、先ほどの男女混合だったのに対して、女性限定のシェアハウスです。

実は、私も最初はこの女性限定のシェアハウスで探していたのですが、何せ自分の条件に合う物件が見つからなかったり、返信が返ってこなかったりとそもそも家探しに手こずった為、結局条件を少し甘くして、今の男女混合のシェアハウスに住むことになりました。


しかしまぁ、女性限定だとやはり洗濯物の心配や、お風呂上がりの格好などに気を使わなくて済むことは間違いないことと思います。

また、初めての海外移住の女性にとっては、「女性限定」という言葉は心強いですよね。

Zweck-WG

つゔぇっくWG

こちらは、直訳すると目的のシェアハウスです。

どういうことかというと、部屋をシェアすることが目的の家という意味です。

これでもよくわからないのですが、要するに、部屋をシェアすることが第一の目的なので、同居人との密な関係性や交友関係はあまり重視しません。というスタンスの家のようです。


私の住んでいるWGは、このZweckです。

たしかに、同居人たちは好きな時間に家に出入りし、外泊ももちろん自由。
食事も各々が自分で作ったり買ってきて、各々好きな時間に食べます。一緒に週末にバーベキューをしよう!一緒にテレビを見よう!などのイベントは、うちでは行われたことがありません。


まさに、スペースだけを共有しているような感覚で日々過ごしています。


Keine Zweck-WG

かいね つゔぇっくWG

これは、先ほどのZweckに対して、目的なしのシェアハウスです。

要するに、スペースの共有が1番の目的ではなく、むしろ同居人との密な関係や交友関係が重視されているようです。



私が家を探している時に、このKeine Zweck-WGという記載に出会ったことはありません。
恐らく、その場合はわざわざ記載せず、住居の概要欄に「週末は一緒にパーティをしています」とか「一緒に料理をして、一緒に食べています」という記載があるかもしれません。

このような概要欄の記載なら、たしかに沢山見かけましたので…。


このタイプのシェアハウスは、確かに語学の上達はするかもしれないですが、日本人の文化で育った身としてはなかなか肌に合わないかもしれません。

慣れない生活な上に、プライベートの時間も少なく、なかなか最初はストレスの溜まるシステムではないかと個人的には思っています。


しかし、海外らしいといえば海外らしいシステムなので、興味のある人は探してみてもいいかもしれません。


ホームステイ

最後にホームステイです。

これはメジャーな海外生活の方法なので知っている方も多いかと思います。


実はドイツにはAu pair(オペア)という仕組みがあります。これは、18歳〜26歳までの女の子をホームステイさせる代わりに、その家のベビーシッターまたは家事をしてお小遣いももらう。というものです。

ちなみに、オペアビザというものもあります。

語学や労働基準などもなかなか厳しいようですが、26歳までの方はこのシステムを利用すれば、住む場所も食事も確保できる上に、お小遣いまでも貰えるのでとても良い仕組みだと思います。

私の大学時代の先輩でもこのオペアを利用してドイツへ留学した方がいて、とても良い経験だったと言っていました。

その先輩も私のドイツ語の先生もこの仕組みはとても推していました。


しかし私は自分自身の渡独目的上、住み込みのベビーシッターで時間を取られている場合ではなかったため、この仕組みは断念しました。


ただ、ホームステイの最大のデメリットは、やはりホストファミリーとの相性ですよね。
こればっかりは、会ってみて実際に住み込みで働いてみないとわかりません。



おわりに

今日は、ドイツの住居種類、また細かくシェアハウスの種類について記事にしました。

インターネットで調べているだけでも知らない用語が沢山出てきて、本当に知らない土地の家を探すって大変!!まずは、仕組みを知るところから…なんて言っている暇はない!とは言っても、仕組みを知らないと家は探せない…。みたいな。

本当は、一つの記事に全てまとめるつもりだったのですが、あまりに情報が細かすぎたので、記事を分けさせて頂きます。

第2弾以降ではもっと具体的にシェアハウスの探し方や、私の経験談を書く予定です。
もう少々お待ち下さい!


☘この記事のテーマについて追記してほしい内容や、ご質問等ありましたらお気軽にコメント下さい。

【ハンブルク生活②】ガスが止まった!どうしてもシャワーを浴びたい!

こんばんは。もえです。

先日記事にしました通り、家のガスが長い間止まっており、お湯が使えないという状態が続いていました。

その期間なんと2週間!!


ドイツだと、復旧までにこのくらい待つのは普通なのかなと、知り合いのドイツ人に聞いても皆んな「そんなことはない。」とのこと。


いやーー本当に長い戦いでした。

なんせ、お湯が使えないせいでシャワーに入れないのですから。


今日は、シャワーにありつくために取った、ガスが止まってから2週間目の私の行動について書きたいと思います。




この記事は前回の続編の形になるので、まだ前の記事を見ていない方は是非そちらから読んでいただけるとより楽しめるかと思います(^^)

www.moelogmt.work



余談ですが、今日のドイツ語。
プール→Schwimmbad
水着→Badeanzug
フィットネススタジオ→Fitnessstudio
お試し(リハーサルという意味もあります)→Probe
シャワー→Dusche


もくじ

シャワーが使える場所は意外とある

前回の記事にも少し書きましたが、シャワーが使えない間、私は赤ちゃん用のボディシートや、ドイツでTrocknen Shampoo と呼ばれる、ドライシャンプーを使ってしのいでいました。


前回はここで終わっているのですが、2週間シャワーが使えないということになってしまったので、実は続きがあります!!


前回の記事が投稿されたのが7月20日。実に2週間前。


この時は、まさか修理会社が2週間後にならないと来ないなんて思わなかったので、必死で「あと少しの辛抱かもしれない」と、どうやったらできるだけ清潔に過ごせるかを考えていたのですが、シャワーが2週間後ともなれば話は別ですよね。


次の週の月曜日の朝に、修理会社が来るという連絡を受け取りました。
さすがに2週間全くシャワーを浴びれないのは困る…。


ということで、私はシャワーを浴びれる手立てを考え始めました。



ガスが止まってから丁度7日目の日。
私はついに動きました。


そう。スイミングプールへ行こうと!!


語学学校の先生に相談したところ、ドイツのプールやジムに備え付けのシャワーでは、持ち込んだ石鹸類を使うことができるのだとか。



日本だと、石鹸類使用禁止のシャワーも多いですよね。
私が日本で行っていたプールは石鹸類は使用禁止でした。


ということで、家の近くにプールがあることを知っていた私は、営業時間をネットで調べました。




すると…



なんと、改装中でプール自体が閉まっていました!しかも8月まで!!
運が悪すぎる。



私が次に考えたのは、家の近くのスパ。
しかしどう考えても、値段が高すぎる。

そこは、1回20€(2500円くらい)。しかも回数券しかなかった場合10枚綴りで200€(25000円くらい)。これはヤバすぎる。




ということで、最後にフィットネススタジオを探しました。


初回お試しを上手に使う

私が見つけたのはEasy Fitness というスタジオでした。

このフィットネススタジオはドイツ中にスタジオを持っており、年会費を月割りで支払えば、本格的な機械トレーニングから、ヨガ、またプロのトレーナーによるプログラム組みや相談、そしてシャワーも全て無料で利用できるスタジオです。


特に宣伝というわけではないのですが、一応ホームページのリンクを貼っておくので、ドイツ在住の方で興味がある方はチェックしてみて下さい。
➡︎https://easyfitness.club/



そしてなんと、このスタジオには初回無料お試しというのがありました!!

とにかく、1週間もシャワーが浴びれなくて、シャワーが浴びたい一心で、この初回無料お試しを使おうと決意しました。


そして、私のドイツ語力では電話予約は難易度が高いので、家からも近かったため直接スタジオを訪ねてみることにしました。


一通り説明を聞いたあと、翌日の夕方の予約をとりました。




そして、翌日スタジオを再び尋ねると、トレーナーさんがちゃんと機械の説明をしながら付きっ切りでトレーニングしてくれました!

久しぶりに本格的な運動ができて、普通に楽しかったです。


最後にがっつり持参したシャンプーなどを使って、1週間分の体の汚れをゆっくり丁寧に洗い流すことができました。

もう本当に、久しぶりにシャワーを浴びれたことが嬉しすぎて、きっと後にも先にもこんなに楽しいシャワーは無いと思います(笑)


当然この日のお支払いは0€でした。ありがとうお試し価格!!

一応最後に、
「Wenn ich mich anmelden möchte, telefoniere ich Ihnen.
(もし、申し込みしたくなったら、また電話をしますね。)」


と言って出てきました(笑)


知り合いのシャワーを借りる

一度フィットネススタジオのシャワーにありつけたとはいえ、もう先週のように1週間もシャワーのない生活に耐えるのはもう懲り懲り…。


別件で連絡を丁度取り合っていた、同性の知り合いに状況を説明して、シャワーを貸してもらえないか助けを求めてみることにしました。


Kannst du mir am Freitag deine Dusche ausleihen?
(金曜日にシャワーを貸してくれる?)


日本語のタメ口にあたる、duで呼び合う仲でないと恐らくシャワーを貸してという話にはならないと思うので、duを使った文で書いています。


即答で、いいよーと返信をくれました。


しかもその日は、ご飯まで作って待っていてくれた!!本当にありがとう!



おわりに。留学中の異常自体を切り抜けるコツ

今回のような異常自体が起きた時に、留学してすぐだとなかなか頼る人もいなかったり、勝手がわからず、自分一人でどうにかしないといけない!と思うと、どんどんストレスが溜まっていきかねません。

しかし、状況さえちゃんと説明できれば、周りも理解してくれて助けてくれるものです。


私の場合、同性の友達が極端に少なかったことで、なかなかシャワーを貸してくれというシチュエーションに持っていくチャンスが少なかったのですが、それでも異性の友達にガスの話をすると心配してくれたり、大家さんにメール書いてあげようかとか、色々と手伝ってくれました。


そして、語学学校の先生に相談したときは、本当に気の毒だと思って心配してくれたのか、自分の家のシャワーを貸してあげようかとさえ言ってくれました。

日本だと逆に先生と生徒の関係では、このような提案はなかなかなされないですよね。

結局先生の家のシャワーは借りなかったものの、プールやジムへ行けば石鹸が使える。という情報も先生から入手できたわけです。



なので、異常自体が起きて困っているときは、言葉がうまく伝わらなくても、とにかく必要な言い回しだけでも覚えて、ひたすら周りの人に話してみる!!ということに尽きるかなと思います。

今回の私の場合は、

ガスの供給がストップしてしまって、これは大変なことが起こっている!そして、シャワーが使えないのよー!ということをひたすら色々な人に言いました。


Die Gasversorgung von meiner Wohnung funktioniert nicht jetzt. Deswegen kann ich kein heißes Wasser benutzen und nicht duschen. Das ist groß Problem für mich!!

と。合っているかはわかりませんが、こんなようなことを毎日誰かに話していました(笑)



こんなこと言ったら申し訳ないなとかは考えずに、とにかく頼んだり話したりしてみることが重要です!

【ドイツのゴミ分別】ビンの捨て方

こんばんは。もえです。


まだガスは止まっております…。

どうやら来週の月曜日にリペアの会社が新しいものを取り付けに来るらしい。
朝の7:30からと貼り紙がありました。

ドイツの朝は早い…早すぎるよ!!!(笑)

でも今回に関しては早く対処してもらうに越したことはない。
ちゃんと当日中に作業終わらせてね!


なんの話をしているかわからない方、是非先日のブログを見てやってください。
私の住んでいるアパートのガスがストップして、なんと2週間もお湯を使えない生活を送っています(笑)まったく呑気なもんだ。

www.moelogmt.work



さてさて無駄話はさておき、今日はドイツでのビンの捨て方についてです。

日本でのゴミの分別も難しいと思っていたけど、ドイツのゴミの分別はもっと難しかった。実は、未だに私も全て理解しきれていません。

気になるのは、一般ゴミの分別についてだと思いますが、今日はその中でもまだ簡単なビンの分別について先にお話してしまいたいと思います。


ちなみに前提ですが、私が住んでいるのはハンブルクです。なので、ハンブルクでのゴミの分別(もっと細かく言ってしまえば、住んでいる地域の分別)しか知らないので、ご紹介できません…。

一応、大枠はドイツ全土で同じはずなので、ハンブルク以外にお住いの方や、ハンブルク以外の分別の情報が知りたい方は参考として見ていただければと思います。


youtubeでもドイツの分別に関する動画がたくさん上がっていますが、ポップで少し見やすいものを選んでみました。興味のある方はこちらも合わせて見てみて下さい。解説が全部ドイツ語ですが、イラストが見やすいので、なんとなくわかると思います。

youtu.be



余談ですが、今日のドイツ語。
ゴミ→Müll
街に設置してある大きなゴミ箱→Mülltonne
ビン→Flasche
ガラス→Glas(複数系:Gläser)
茶色→Braun
白→Weiß
緑→Grün



もくじ

Pfandに注意

まずは、前にペットボトルを例にPfand(デポジット)についての記事を書きましたが、このPfandというシステム、ビンにも適用される場合があります。

ビンを捨てる前に、必ず裏の表示を確認しましょう!


Pfandについても合わせてご覧ください⬇︎
www.moelogmt.work



そして、こちらがビンに書いてあるPfandの表記
f:id:moe_mt:20190723045634j:plain

ラベルの右下あたりに書いてある、Mehrweg-PfandflascheというのがPfand(デポジット)ありのサインになっています。


このPfandありのビンは、スーパーマーケットなどに設置してある機械に返却すると、お金が戻ってくる仕組みになっているので、見落として損をしないように要注意です。



ビンは色ごとに捨てる

Pfandの表記がないものは、色ごとに地域に設置してあるTonneと呼ばれる大きな箱に入れに行きます。


ちょうど先日タイミングよく、全色家に揃ったので色の参考までに。
f:id:moe_mt:20190723062823j:plain



もしかしたら、大きな住宅街やアパートだと敷地内に設置してあることもあるかもしれませんが、使い方は基本的に同じなはずです。


色分けは3種類

茶色(透明)、です。


茶色いビン専用のTonne⬇︎
f:id:moe_mt:20190723051542j:plain


白色(透明)のビン専用のTonne⬇︎
f:id:moe_mt:20190723051807j:plain


緑色のビン専用のTonne⬇︎
f:id:moe_mt:20190723051901j:plain



それぞれ案内の掲示にも色が記されているので、わかりやすいと思います。


このTonneの上の方に空いている穴からビンを入れるだけです。
蓋が付いているタイプもあるかもしれませんが、ビンで押して入れれば勝手にビンが中に入ってくれるはずです。


ビンを捨てる時の注意点!

ビンは洗う?

日本ではゴミを捨てる時に基本的に、ビンでも缶でもプラスチックでも洗ってから捨てますよね。

ドイツもそこは同じようです。

インターネットで調べると、わざわざ捨てるものを洗うのは水の無駄遣いだという記事も出てきました。(逆に?!みたいな(笑))
しかし、同じくハンブルクに住んでいる私のドイツ語の先生は、洗ってから捨てると言っていました。


私も半分クセのようなものですが、洗って乾かしてから捨てに行っています。


フタはとる?とらない?

ジャムなどのビンのフタは取ります!

そして、フタはプラスチックゴミと一緒に捨てます。


しかし、ビンのTonneの周りには、外されたフタがわんさか転がっています。
みんな何故Tonneの目の前でフタをとる…。

その様子をみると、洗って捨てるのは少数派ではないかと思ってしまうよね。
実際どうなんでしょう。


捨てられる時間が決まっている?!

そうなんです。ドイツにはRuhezeit(静寂時間)というのがあるおかげで、ゴミ捨ても時間が決まっています。

24時間フル稼働の日本人には考えられないような文化です。
日本人だけでなく、他の国から来たクラスメイトたちも、このRuhezaitには参っているようです(笑)


Ruhezait自体は、平日昼の13:00-15:00と平日夜の22:00-翌7:00、そして土曜日の19:00からと日曜日全日です。

この時間帯は静かに過ごさないといけない決まりになっていて、掃除機や洗濯機などの家事による音も控えるようにとなっています。その時間にビンを捨てると、ビンがTonneの中で割れる音がうるさいからという理由で、ゴミを捨てる時間も決められているようです。めんどくさい…。


ということで、とTonneには捨てて良い時間が明記されています。
先ほどの写真では、平日の7:00-19:00に捨てて良いとされているようです。


おわりに

ゴミは生活していると必然的に出てしまう。
しかし、渡独したてだとなかなか教えてくれる人もいないし、なんだか分別は複雑だし、でもゴミは出るし…。というように次第に大きな問題、ストレスへと発展していきます。

というか、私がそうでした(笑)

私は、タイミングよく語学学校の授業でゴミについてのテーマの日があったため、そこでだいぶ解決されました。

しかし、クラスメイトたちも私も質問が止まらず、やはりみんな悩んでいた様子でした。


他のゴミの分別も近々記事にする予定です。
もう少しお待ちください。


☘このテーマについて追記してほしい内容や、ご質問などありましたらお気軽にコメント下さい!

【ドイツの日用品⑥】湯たんぽ【Fashy】

こんばんは。もえです。


今週はまた30度越えの天気予報が出ていますが、先週のハンブルクは、7月とは思えないくらい涼しかったです。

その前の週はタンクトップで過ごしていたのに、寒がりな私はなんと先週ヒートテックとセーターという冬のような服装で過ごしていました。

果たして私はドイツで越冬することができるのか今から不安です…(笑)


余談ですが、今日のドイツ語。
湯たんぽ→Wärmflasche
お湯→Wärme Wasser
冷え性→Kälteempfindlichkeit


もくじ

末端冷え性が辛すぎる…湯たんぽ購入の経緯

さてさて、そんな涼しかった先週ですが、寒がりで、夏でも末端冷え性のひどい私は、寝るときに足が冷たすぎて本当に辛かった…。

起きる頃にはなんとか布団があったまり、足も少し温まっているのですが、何せ寝つく時が毎日キンキンに冷えています。


同じ悩みの方いるのではないでしょうか??



あまりに辛すぎて、いい策はないかと考えながらインターネットで調べていると、良さそうなアイディアがありました!

そう。湯たんぽ


日本のような金属製ではなく、シリコン製の方が主流のようですが、日本でも巷で流行っているメーカーがなんとドイツのメーカーのようでした。

私は今回調べるまで知りませんでした。


その名もFashy(ファシー)


日本の代理店のホームページもありました。
気になる方は是非チェック➡︎https://www.yutampo.jp/


購入できる場所と価格

私はスーパーマーケットREWEで購入しました。
値段は7€くらいで買ったと思います。

しかし、結構どこにでも売っているし、種類も豊富です。



私ははじめ、ドラッグストアdmに行きました。

dmにも、もちろんありました!

しかし、個人的にカバーの色が気にいるのがなかったため、他を探すことにしました。

ちなみに、dmでの湯たんぽの価格は6€〜8€ほどだったと思います。(2019.7月現在)




次に行ったのが、デパートGALERIA

理由は、dmと併設されていた店舗だったのと、もしあればdm同様にPaybackカードが使えるから(笑)

💡Paybackカードは、ドイツ全土にある色々な店舗で使えるポイントカードです。
私も知人におすすめされて、最近作りましたが、本当に加盟店が多くて使い勝手がいい!
また、後日記事にしたいと思います!!



そして、GALERIAにもFashyの湯たんぽがありました。

f:id:moe_mt:20190721070910j:plain

しかも、こんなにたくさんの種類が!
やはりデパートの品揃えは違いますね。


ただ、値段はdmに比べてしまうと少し高いですね。10€〜という感じ。

ぬいぐるみ型のものはもう少し高いです。でも確かに可愛かった。



使い方と使ってみた感想

私がREWEで購入した湯たんぽはこちら。

f:id:moe_mt:20190721071437j:plain


赤いカバーのものが欲しかったので、見つけられてよかった。

左のシリコン本体にそれぞれカバーがかかっている状態で陳列されていて、価格は本体とカバーセットの値段です。


なんと説明書は、嬉しい日本語付き!!

こちらに来てから、あらゆる説明書がドイツ語か、せいぜい英語だったのでこれには驚きました。さすが日本でも流行っているだけありますね。

f:id:moe_mt:20190721071804j:plain


中に入れるお湯は60度くらいが良いようです。

水道からもちろんお湯が出るドイツですので、個人的にはお湯を沸かして、冷ましてから入れるよりも、水道のお湯をMAXあったかい状態で入れれば恐らく50度くらいじゃないかなと思います。



使ってみた感想としては、優しい暖かさ。という感じでした。

実は日本でも湯たんぽは使ったことがなかったので初めてだったのですが、足元に直接奥よりも、お腹や足の付け根などの体の真ん中の部分から温めていくと、温まった血液が足にも流れて効率よく足を温めることができるそうです。


ということで、私も太ももの間に挟んでベッドに入ってみました。

たしかにすごく暖かくて、その日は久しぶりに快適に入眠することができました。



しかし事件はおきた。

実は、湯たんぽは寝る前まで使用して、就寝時には本当は布団から出した方が良いそうです。

私は久しぶりの快適な入眠により、そのまま寝てしまったので夜中に暑くて起きてしまいました。しかも汗までかいてるし…。


湯たんぽの威力あなどるべからず!!




そして、デメリットをあげるとするならば、手入れの問題。

このFashyの湯たんぽは、お湯を中に入れることでシリコンがある程度膨らむ仕組みなので、何も入っていない状態だとペラペラとしてしまい、乾かすときに完全に中に空洞を作ることができないのです。

翌朝に、お湯を全部捨てて逆さまにしてタオルの上で乾燥させようと思ったのですが、壁に立てかけるなりしないと立たないし、立ったとしても中に空洞はできいなさそうです。


要するに、完全に乾燥させるのが少し難しいかも…。という印象。



しかし、カバーの肌触りもよく、キャップもしっかりしているので、中のお湯が漏れる心配もなさそうです。

カバーが取り外せることによって、カバーを洗うことも干すこともできるし、衛生面も良さそうです。



おわりに

寒がりの方や、末端冷え性に悩んでいる方、これは試してみる価値があるかもしれません!

掛け布団を冬用にすると暑すぎるし…という時期にもちょうどいいかも!

【ハンブルク生活①】ガスが使えない?!シャワーが使えない時の対処法!

お久しぶりです。
なんだかんだありまして、更新が1ヶ月ほど空いてしまいました…。


ハンブルク生活】というシリーズを始めてみようと思います。
ただただ日常を書き綴る、箸休め的な記事になるのでどのくらい続くかわかりませんが、気軽に読める内容かつ、ハンブルクでの留学生活の実態をお伝えできると思うので、ご興味ある方は是非最後までお付き合いください(^^)



先日、私の住んでいるアパート全体のガスがストップしました。
これは異常事態なのか?それともよくあることなのか?

もう完全に麻痺しています(笑)

今日は、ガスの使えない生活を日記のように経過を綴っていこうと思います。


余談ですが、今日のドイツ語。
ガス→Gas
ガス管→Gasleitung
ガス供給→Gasversorgung
お湯→Heiße Wasser
シャワー→Dusche
修理→reparieren



もくじ

1日目

火曜日の夜、家に帰ると隣人からのメモがドアにありました。
ガスがストップしていて、明日業者が来るからよろしく。みたいな。

配達された荷物を預かっているよ。とかの貼り紙はたまに見るけど、流石にガスがストップしているよは経験したことがなかったのでびっくり。


えっ。
確かに水道からお湯は出ない。

…ということは、ガスが稼働するまでシャワーは浴びれない。


でも、コンロは幸いIHだし、コンセントからの電力でお湯は湧かせるから、シャワー問題は大きいがなんとかなるだろう!!と思っていた私でしたが。


しかし、後でよくよく考えてみたら、食洗機も洗濯機もお湯を使っているではないか!!
明日あたり洗濯しようとか思っていたので、すでに残りの洋服は少ないよ…。

意外と困っております。


そう。ドイツではカルキ対策のために、食洗機や洗濯機で使用されているのはお湯です。
それでもタッパーなどを食洗機に入れて乾かすと、その後に白い斑点は残ってしまいます。(食洗機用リンスや食洗機用の塩を入れるとちゃんと、カルキ跡などまで防げたりするそうですが。)私は面倒くさがりで、タブレット洗剤を入れるだけですが…。


ドイツの水事情についての記事も是非合わせてチェックしてみてください!
www.moelogmt.work


同居人に、書き置きされていたメモを見せると、その隣人とは同居人が連絡を取り合ってくれるとのことで、私はただただ復旧を待つばかり。

2日目

翌日に、一応業者が来たそうですが、どうやらすぐに稼動とはいかず、まだまだかかるよ。とのことでした。原因も私は直接業者の人と会っていないのでわかりません。


まだまだかかるって、一体いつになるのやら…。


私の部屋の上の階には小さい子どものいる家族も住んでいるし、みんな困っているんだろうなーと、ぼーっと考えていると、ふと…みんなシャワーとかどうしてるんだろう…。

洗濯はコインランドリー?

私もコインランドリーは頭をよぎっていたものの、日本のコインランドリーはもちろん使った事があるけど、やはり衛生面が不安で最終手段に残しておくことにしました。

3日目

ドイツは日本よりも湿度が低く、乾燥しているから不快感は少ないものの、そろそろ髪の毛が洗いたい…。体を洗いたい…。


髪の毛は以前紹介したことがありますが、ドライシャンプーという手段があります。
www.moelogmt.work


これ、とてもオススメなのですが、実は問題がありまして、

2日に1回使ってシャワーで洗い流す分には清潔に使えるのですが、私が暗い髪色用を買ったせいなのか、焦げ茶色っぽい色が髪の毛の中?頭皮?に付着します


なので、あまり使い過ぎるのも逆にどうなんだろうか…といま不安になっているところです。



しかし、いまできる範囲で体を清潔に保つ方法を考えて試していかなくてはいけない!!


ということで、即席ではありますが、私が試した方法をいくつか紹介します。


シャワーが使えない時の対処法

ドライシャンプー

これはもちろん有効な手段のようです。

ドイツではTrocknen Shampoo といいます。
このTrocknen Shampooは、幸いにもここドイツではポピュラーな日用品なので、スーパーマーケットやドラッグストアで簡単に購入することができます。


f:id:moe_mt:20190720235306j:plain


しかし、先ほど書いたように、髪に色が付着してしまうのが個人的には少し問題のように感じています。

試しにタオルで髪をガーーーっとしてみると、確かにタオルは茶色くなってしまいました。
これほどあからさまに色が着くとは…。


ボディシート

私は日本にいる時から、足の裏をアルコールシートで拭いて殺菌して、できるだけ綺麗な状態を保とうということをしていました。

もちろんドイツに来てからも、アルコールシートは15枚入りのものを購入して、2日に1回シャワーに入らない日に使っていました。

f:id:moe_mt:20190720193855j:plain


しかし、全身を拭くのはちょっと気が引ける…。


ということで、赤ちゃんの全身用のボディシートを購入してみました。


f:id:moe_mt:20190720193939j:plain


パッケージには、赤ちゃんの頭から足まで、全身使えるよ。と書いてあったので、それなら大人が全身を拭いても問題ないだろう!と。

そして、全身を拭くには嬉しいアルコール不使用。
ドイツ語ではOhne Alkoholという文字があれば、アルコール無しという意味です。



石鹸のようないい匂いで、久しぶりに少し和みました(笑)


全身を拭き終わったあとで、頭皮もこれで少し拭いてみようと思い立って、新しいシートを広げて頭皮を優しめに拭いてみました。


Trocknen Shampooだけの時よりも、痒みは少しおさまりましたが、やはり、なんとなくベタベタした感じは取れませんでした。




他にも、蒸しタオルを作って髪の毛の皮脂や汚れを浮かせてから、タオルで拭き取る方法や、全身を拭く方法があるみたいです。

もちろん全身を蒸しタオルで拭く方法は、病院や介護施設でも使われている方法なので、有効だと思います。



しかし私には洗濯済みの綺麗なタオルがすでにないので、今回は断念。


ボディシートにしろ、蒸しタオルにしろ、すぐに体が冷えてしまう可能性があるので、拭き終わったらすぐに服を着て風邪をひかないようにすることが注意点のようです!


4日目

そして金曜日。
ガスがストップしてから4日目です。


家に帰ると同居人の洗濯物が洗濯機の中にありました。

同居人は水で洗濯機を回したらしい…。


水や低温で洗濯機を回してしまうと、硬水が故にカルキが洗濯槽に付着して固まって、故障の原因になったり、もちろん服についた皮脂がしっかり落ちなかったりするらしく、結局あまりいい結果が生まれないような…。


まぁ、1度くらいならば洗濯機が故障することはないだろうけども…。


5日目

同居人に新たな情報はないかと聞いてみると、どうやら、ガスの供給の機械を新しくする必要があるらしく、来週くらいに取り付けにくるのではないか。とのことでした。


とにかく、今はただただ早くガスが復活することを祈っています(笑)


おわりに

ドイツに来てから、硬水で肌を傷めないように、水道代の節約のためにとシャワーは2日に1回にした私でしたが、日本人である以上やはり1週間もシャワーを浴びれないのはストレスです。


大衆浴場施設もあるにはあるらしいのですが、男女混浴で全裸が一般的。

(そして、女性ならではの悩みですが、あの期間中はやはりそういう施設は避けたいですよね…。)


色々と試しながら生活するのはとても勉強になりますが、とにかく今は早くシャワーが浴びたい!!!!(笑)



(追記:2019.7.30)この記事の続編を公開しました。
www.moelogmt.work

【ドイツへの留学準備①】日本から持参して良かったもの【洗濯編】

こんばんは。もえです。


最近ブログのネタを考えている時に「このネタはもう少し写真を集めてから投稿しよう」とか「もう少し調査やインタビューした情報が必要だな」とか色々考えてしまって、今日は何を投稿するのが最適かと頭を悩ませております(笑)真面目か!


書きたいことは沢山あるのですが、少しあっためておきたいネタもあるので今日はコレに決めました!


私がコレを書くためにブログを開設したと言っても過言ではない。
留学準備シリーズ

第1弾は、日本から持参して良かったものについてです。


留学準備中は気付かなかった、日本から持ってきて正解だったと思ったものや、逆に現地調達の方が良かったなと思ったものについてシリーズでお送りします( ´∀`)



余談ですが、今日のドイツ語単語。
洗濯ネット→Wäschenetze
洗濯バサミ→Wäscheklammer
ハンガー→Bügel


もくじ

ハンガー

f:id:moe_mt:20190607061636p:plain

結論から言ってしまうと、ハンガーは現地調達も可能です。
しかも、何本かセットで売っています。


しかし
ハンガーは、生活を初めて比較的すぐに必要になります。
もっと言えば、荷ほどきした時にコートなどがあるので、すぐに使いたい

そして、何本あっても良いと言う点で、持って行って正解だったなと思っています。



私は日本の【ミカヅキモモコ】という300円ショップで購入した10本入りのハンガーのうち5本をスーツケースに入れてドイツに持ってきました。
写真の商品はおそらく、私の持っているものと同じものです。
ミカヅキモモコホームページ➡︎三日月百子 – 全品300円のプチプライスショップ



このハンガーの良い所は、薄くてスーツケースにも楽々入る上に、肩のところに滑り止めがついていて洋服が滑り落ちない。そして、肩紐が輪っかになっているキャミソールなどは両端の鍵になっているところに引っ掛けられるところです!


いずれにせよ、薄くて持ち運びやすいことは荷造りにおいて重要なポイントではないでしょうか。


オススメの理由

何故持っていくことをオススメするかというと、現地での無駄な出費を抑えられるという当たり前の理由です。

海外のものは大きくてかさばるし、種類も選べるほどありません。
持って帰る時にどうするのか問題。

せっかく買ったのに現地で捨ててくる?無理やり詰めて持って帰る?郵送する?

お金もかかるし無駄にする可能性もある…。
ならば日本で薄いものを買って持ち運んだ方がいいかもしれないと、個人的には思っています。


ミニピンチハンガー

実はこういう小物が、荷造りの時には1番気付かないが役に立つことが多いのです。

f:id:moe_mt:20190607063411j:plain


f:id:moe_mt:20190607063446j:plain
折りたためます。


私は何故コレを買ったかと言うと、後日詳細を記事にするつもりですが、現地に着くまで家が決まっておらず、ホテル生活がどのくらい続くかわからない状況だったからでした。

下着くらいはホテルなどでも干して使えるように小さいピンチハンガーを持って行ってみようと、なんと100円ショップで購入しました!



100円ショップを侮ってはいけませんよ。私は100均大好きですから。
ダイソーではなく、少しマニアックですがWATTSという100円ショップで買いました。

WATTSは少しオシャレ路線の100円ショップで、どの商品も丈夫でデザインも凝っていたりと、長く使える商品が多い印象です。

留学準備にもオススメの100円ショップです!
WATTSホームページ➡︎株式会社ワッツ 100円ショップ


オススメの理由

何故持ってきてよかったかというと、このサイズはドイツにはまず売っていないからです。

国内での一人暮らしならまだしも、留学中の一人暮らしであの大きなピンチハンガーを買うのか?という話でして。

それこそ捨てるのはもったいないし、日本から持っていくにも無駄がありすぎるし…。


これなら12ピンチなので、ちょうど1週間分くらいいの靴下を干すのに丁度良い!


基本的に洗濯物を干すのはTrocknenstelleという物干し台なのですが、靴下などを干すにはこのミニピンチハンガーとても便利で、今でもとても重宝しています。


Trocknenstelleについての記事も合わせてチェックしてみて下さい⬇︎
www.moelogmt.work



洗濯ネット

ネットにある記事で、ドイツには洗濯ネットは売っていないと書いてあったのですが、ROSSMANNで見かけました。一応売っています。

…大きなものなら。


この大きなネットで一体何を保護しているんだ。意味があるのかと思うほどなので、きっと気持ち程度という感じですが、売っているには売っています。


なので、日本から持ってきた私は大勝利と思っているのですが。
こちらも100円ショップとミカヅキモモコで購入。

f:id:moe_mt:20190607064047j:plain
ピンク:ミカヅキモモコ、白:WATTS(違っていたらごめんなさい)


オススメの理由

細かい説明は割愛しますが、ただでさえ、水が硬水なためにお湯を使った洗濯だったり、エマールのような良い洗剤がないドイツで、ネットなし若しくは、大きなネットで下着をガシガシ洗おうものなら傷みが早そうで怖くてできません…。


下着保護のためと、もう一つはWG(シェアハウス)に住んでいるので、洗濯物を自室に運ぶ時に下着が他の人の目に触れないというのもメリットかもしれませんね。


どちらもしっかり色がついているので透けて見えることもありません。


ただ、気のせいだといいのですが、ピンクの方は若干色が薄くなってきているような気がしています。白い服も一緒に洗濯しているのですが、今のところ色移りなどはないですが。




私はブラジャーをピンクの大きい方に。アンダーウェアを白い小さい方に入れて使っています。
大きさ的には、どちらも1週間分くらいで余裕があって丁度良いくらいです。


スーツケースで持っていく時には、ピンクの方の中に先ほどのピンチハンガーを折りたたんで入れて来ました。



おわりに

いかがだったでしょうか。
私のブログを開設した理由といっても過言ではない、この留学準備に関する記事が、これから留学をする方や、ドイツでの生活で困っている方の力に少しでもなることを願っています。

そして、他にもオススメのものなどありましたら、コメントで私にもシェアして頂けると幸いです。


☘このテーマについて追記してほしい内容や、ご質問などありましたらお気軽にコメント下さい。

【ドイツの日用品⑤】制汗スプレー

こんばんは。もえです。


昨日ハンブルクは夕方ごろ27℃まで気温が上がり、暑すぎてびっくりしました。

ノースリーブの上に長袖1枚で家を出たのですが、とてもじゃないけど長袖なんか着ていたら熱中症になってしまうんじゃないかというくらい蒸し暑かったです…。

耐えられずノースリーブになりました。


そして、少ししか夏服を持ってこなかったので少し買い足しに行きました。




ということで、今日はドイツの制汗スプレーについてです。

私も昨日買いに行ったので季節的にもタイムリーかなと思い、このテーマにしました。




余談ですが、今日のドイツ単語。
汗→Schweiß
スプレー→Spray


もくじ

どんな種類があるの?

種類は日本と特に変わらず、色々なメーカーが出しています。

日本では8×4が主流ですが、昨日買いに行ったらadidasNIVEAからも出していました。
そしてドイツの衛生用品メーカーISANAその他色々という感じです。

f:id:moe_mt:20190606172418j:plain

f:id:moe_mt:20190606172513j:plain


私は日本でも馴染みのあった8×4を買いました。
ドイツでも8×4売ってるんだ!という物珍しさもありますが…(笑)



全体的に見ても、香りの種類はもしかしたら日本よりも多いかもしれません。


そして、ここ何年かでたくさん出てきた、塗るタイプの制汗剤も同じコーナーにありました。
こちらは日本でも私は使ったことがなかったので、スルー。


どこに売っているの?

スーパーマーケット(REWEやALDI)、ドラッグストア(ROSSMANN)に行けば売っています。
逆に、Apotheke(薬局)では見たことがありません。


DEOという案内が売り場や通路にあれば、その辺りにあると思います。
石鹸などが売っている売り場の近くを探せば、すぐに見つかるはず…。


夏場は特設コーナーが組まれている場合もあるので、見つけやすいかもしれません。



また、NIVEAショップというものがドイツにはあります。
NIVEAはドイツ発祥なんだとか!私もドイツに来て初めて知りました。


NIVEAショップにもNIVEAの制汗スプレーは、定価で売っています。
プレゼント用に包んでももらえるので、プレゼントなどの場合はオススメです!



そして、購入の際にフタを開けて香りを確認するのは大事です!!

現地の人も割とやっています。

海外あるあるで、香りがものすごくきついものってありますよね。
買ってから失敗したー!というのを防ぐために皆さん香りチェックはかかさないようです。


恥ずかしいことではないので、私も購入前の香りチェックはしておくことをオススメします。

使ってみた感想

これも特に日本のものと変わらず使うことができました。

噴射の勢いもよく、香りもしっかり確かめて買ったので今のところ問題なく使えています。


特別感想がなくてごめんなさい…(笑)

おわりに

これからの時期、準備して持っていったものの他にも買い足さなくてはならないものが増えてくると思います。
たとえば、日焼け止めとか…。

私も必要になって買ったらその都度ブログでシェアしていきたいと思いますので、こんなものも紹介してほしいというご意見ありましたら是非コメントをお願いします!


☘この記事について追記してほしい内容や、ご質問などありましたらお気軽にコメント下さい。

【ドイツの日用品④】ドライシャンプーって何??

こんばんは。もえです。


今日ハンブルクは朝から小雨です。


昨日の夜にキッチンに行ったら新たな蜘蛛が2匹も…。
蜘蛛がとにかく多くて困っています。

そのうち蜘蛛についても記事にしようかな(笑)



今日はドイツの日用品の中でも私が重宝しているドライシャンプーについてお話しします。



余談ですが今日のドイツ語単語。
乾いた(ドライな)→trocknen
シャンプー→Shampoo
シャワー→Dusche


もくじ

日本人の髪質はドイツには不向き

ドイツに来る前から知人から、「髪の毛ボサボサになったりベタッとなったりするよ」とは聞いていたもののここまでとは…。

だいぶ初期からこの問題は大きかった。



ドイツの水は硬水だということと、湿度が日本よりも低いことが重なり、シャワーを浴びた後にしっかり保湿しないと、髪の毛や肌が傷んでしまうそうです。

なので、人によりますがシャワーは数日に一回という人も少なくないそうです。


私もドイツに来てからは、まだ汗をかくシーズンでもないので、2日に1回のシャワーにしています。


しかし、2日目の朝は皮脂のせいで多少は髪の毛がペッタリしてしまう…。


このような生活スタイルのドイツ人は一体どうやってこの問題を解決しているんだーーー!!


と調べたところ、ドライシャンプーというものがありました。

ドイツ語ではTrocknenshampooといいます。


ドライシャンプーはどこに売ってるの?

これを知ってからすぐにドラッグストアへ向かい探すと、シャンプーやリンスのコーナーの横に各種まとめて並べてありました


探すときは、Haarと書いてあるコーナーの少し横を探すとあると思います。


f:id:moe_mt:20190604173337j:plain



なぜか髪の毛の色のトーンが書いてあります。


私はいまカラーリングしておらず、黒髪なので暗い髪色用を選びました。


暗い髪色→Dunkel Haar
明るい髪色→Hell Haar


使っているとわかるのですが、スプレーの吹き出し口に、茶色く内容物が固まって色が付着してきます。

洗髪剤なの?と思うほど濃い色で不安になるのですが、そういうことがあるから色分けされているのかもしれない…。


いまだに私にもわかりません。



使ってみた感想

私は、シャワーに入らないとすぐに髪の毛がペタッとなってしまっていたので、これを買ってからとても助かっています。

気に入りすぎて、日本にいる妹にも郵送したくらいです(笑)


シャワーに入れば解決するのではないかと言われるとそれまでなのですが、今度はそうすると乾燥しすぎてしまい、髪の毛がボサボサになってしまうことを私は立証済みなのでそれも避けたい…。


私の使っているものはISANAのものですが、他にもNIVEAや他の格安メーカーも商品を出しているので、ぜひ試してみて下さい!!




日本にもないのかなと思い、調べるとDoveから出ているらしいのですが、私にはどうも見つけるつことができませんでした。

ご存知の方がいましたら情報ください!!!!


おわりに

今日は私のお気に入り、ドライシャンプーについて紹介しました。

本当におススメなので、ドイツに訪れた際や、同じ悩みのあるドイツ在住の方がいらっしゃいましたら是非お試しください。


☘このテーマについて追記してほしい内容や、ご質問などありましたらお気軽にコメント下さい。

【ドイツのスーパーマーケット④】品物の選び方

こんばんは。もえです。


昨日ハンブルクは28℃まで気温が上がり、久しぶりに夏服を出しました。

外を歩いていると汗が出るレベルで暑かったのですが、日本に比べると湿度が低いので、ムシっとして息苦しくなるような暑さは程遠く、風の吹く散歩日和となりました。




今日は、スーパーマーケットシリーズの第4弾です。

日本では冷蔵室に置かれているアレが、ドイツでは常温で売ってるの?!
みたいなことが結構あります。

そんな驚きや、品物を買う時の注意点を見ていきましょう!


他のスーパーマーケットシリーズも是非合わせてチェックしてみて下さい⬇︎
www.moelogmt.work
www.moelogmt.work
www.moelogmt.work




余談ですが、今日のドイツ語単語。
野菜→Gemüse
肉→Fleisch
魚→Fisch
牛乳→Milch
チーズ→Käse
飲み物→Getränke



もくじ

ドイツのスーパーは常温保存ばかり

ドイツのスーパーではとにかく常温で売られているものが沢山あります。

まず、野菜は全て常温で売られている!!

日本だと、もやしとか大葉とか、冷蔵室に並んでいるものも結構ありますよね。


これで傷まないんだろうかと、最初は不安でしたが…。
意外と大丈夫なようです。


なんと牛乳まで常温のものがあります。
(特別な加工がしてあり、ドイツでは主流のようです)


BIOスーパー(無農薬・無添加商品などを置いているスーパー)などでは、普通のスーパーに比べると冷蔵室も多いかもしれません。



でも全てそこで揃えるわけにもいきませんから…。


常温で置いてあるため、消費者側が買う際に気を付けて手に取らなくてはいけません!
次に傷みについて見ていきましょう。

傷みに注意!!

先ほど常温で置いてある商品が多いため、消費者側が手に取る商品を慎重に選ぶ必要があると書きました。



たしかに、全ての商品が安全とは言い切れません。

f:id:moe_mt:20190603182902j:plain

f:id:moe_mt:20190603182929j:plain



はい。めちゃくちゃ傷んでおります…。


商品の入れ替えや品出し作業は場所ごとに3日に1回くらいのルーティーンで、野菜コーナーだと2日に1回とか毎日のスーパーもあるようですが、少し管理の甘いスーパーだと写真のような商品が何日間も置かれていたりします



写真ほど傷みが酷くなくても、亀裂が入っている野菜潰れてしまっている野菜もたまにあるので、本当に本当に注意が必要です!!



では、どうやって選ぶのか。

  • 手に取ること
  • よく見ること
  • においを確認すること

この3点は、現地の人も必ず行なっているチェックのようです。

私もそれに習って、野菜は割とにおいをかいだりします。


日本だとそんな選び方していると、失礼じゃないかと思ってしまいますが、自分の身を守るためです。失礼とか関係ないです!(笑)



値段に注意!!

そして、商品を選ぶ際に値段にも注意が必要です。

日本では、1個あたりの単価が表示されています。(袋売りにせよ単品にせよ)


しかしドイツでは、量り売りのものが多い。

海外向けスーパーなどで見たことあるのではないでしょうか。



野菜は特に量り売りが多いので、安い!と思って沢山買ってレジへ持って行ったら、思っていた値段と違う。なんてこともあるかもしれません。


どう注意するかというと、表示をよく見ることしかないです。



しかし、この量り売りに慣れてしまうと、一人暮らしにとってはとても便利です。

必要な個数だけが安く手にい入りますから。



野菜売り場の近くに量りが置いてあるので、そこで重さを確認します。

無料のビニール袋が用意されている場合もありますが、ない場合もあり、有料のネットしか置いていないスーパーもあるので注意が必要です。


f:id:moe_mt:20190603184357j:plain
袋が置いてある場合は、商品の上にそのまま置いてあることが多いです(笑)


おわりに

いかがだったでしょうか。

傷んだ食材を選んでしまって体調が悪くならないように、本当に慎重に選ばなければいけないものも沢山あるので、気を付けて商品選びをすることを強くオススメします。


はじめはドイツ語の表示ばかりで、何が書いてあるかわからなかったのですが、知っている野菜とドイツ語の名称がリンクするので、スーパーマーケットは単語の勉強にももってこいですよ!



☘このテーマについて追記してほしい内容や、ご質問などありましたらお気軽にコメント下さい。